二日酔いで男性機能が減少することが一時的なEDに

年末年始や誕生日パーティや各種のイベントでは、自然とお酒を飲む機会が増えます。
お酒は適量であれば、むしろ体と精神に良い飲み物です。
適量を守れば、気持ちを上手く解放でき、社交的でポジティブなメンタルになります。
またストレスが上手く解消出来ますので、うつ病の予防や神経症の予防にも役立ちます。

しかし、年末年始やパーティ、イベントといった機会ではついつい飲む量をオーバーしてしまうはずです。
各イベント後は二日酔いで毎回苦しむ男性も多い事でしょう。
パーティやイベントの間はお酒の後押しで楽しい気分が満喫出来ますが、適量を超えた分の反動は二日酔いとして、翌日の朝、昼に襲ってきます。

二日酔いの問題点としては頭痛や吐き気が有名です。
しかし、それに加えて男性機能の一時的な減衰があります。
あまり世間的に有名ではありませんが、過度なアルコールの摂取によって男性機能が限定的に衰え、一時的なEDが発症するのです。

土曜日は会社や友人関係の飲み方でハッスルし、翌日は妻や恋人とデートを楽しむ、
こういったスケジュールを組む男性は世間に多い事でしょう。
しかし、前日の土曜日に浴びるほど、お酒を飲んでしまうと、男性機能に負担を掛け、やはり高確率でED症状が現れますので、日曜日のラブホデートに大きなリスクを抱える結果になります。
症状として現れやすいのが、ペニスの中折れや勃起力の維持時間の減少、陰茎の固さの低下などです。
要するにED症状が現れる事によって、セックスがそもそも出来ない日曜日に陥ります。
またED症状が軽度であればセックス自体は可能になりますが、陰茎の機能が二日酔いによって著しく減退していますので、ピストンの最中に膣からペニスが頻繁に抜けてしまう等、行為の満足度を下げる不具合が多発します。